医師事務作業補助その他の資格取得で将来安泰|やりがいジョブ探し

病院内

作業内容を理解して活かす

喜ぶ女性

医療機関では医師や看護師、介護士、作業療法士などいろんな技術を持った人が働いています。これらの人々は何かしらの医療知識を持っていて、患者の痛みや病気を治すため、または社会復帰ができるように取り組んでくれます。しかし、今こういった人々が働きにくい状況が生まれているというのです。それが膨大な書類の処理です。
その膨大な書類を医師や看護師に変わって処理するのが医師事務作業補助の仕事なのです。書類といえばまずは患者専用のカルテがあります。今は電子カルテを導入する機関が多くなってきたので、ある程度医師や看護師の負担は減ってきました。しかし、それ以外にも人不足が影響し、事務処理をできる時間が減ってしまったのです。そうなると手続きの間違いが増えてきてしまいますが、医師事務作業補助がいることでそれが防げるのです。

医師事務作業補助は医療行為以外の事務作業を補助することが実際の業務内容となります。医師が置かれている状況を少しでも改善するために、厚生労働省もこの作業補助の仕事を認定しています。つまり、これも立派な資格仕事なのです。
実際行なう作業内容を理解することで、勉強にも身が入りますし、すぐに実践に入ることができます。電子カルテの他に診断書なども作るスキルが必要になってきます。医療作業だけでなく、秘書業務も行なうことになるので、会議の資料が必要になった時は準備を手伝います。また、医師事務作業補助者は感染症に関わるサーベイランスサポートといった連絡業務もスムーズいくように取り計らわなければなりません。